初めてカニ通販で注文したカニを食べたら思いのほか美味しくて驚いた

かにって本当に美味しいですよね。

自他共に認めるかに好きの私は、四六時中かにが食べたくてたまりません。

そこで通信販売でもかにが買えると知り、初めて思い切って注文してみましたが、届いたかにをすぐに食べてみたところ、思いのほか美味しいのに驚きました。

今でこそ、世界中の食べ物がクリックひとつで頼めるようになりましたが、そんなことを考え付きもしない頃から、産地から自宅へとかにを配送するところはたくさんあったといいます。

一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して利用されているという話を聞くこともほとんどなかったので、そのような方法で購入したかになんて味の方の保証もないわけですし、途方もなく無謀な試みに思えたものです。

でも、よほどひどいお店を選ばない限り通販のかには軒並み美味しくなっているので、安心できます。

かにを通販で買うときの注意点は、思わぬところにあります。

安く大量に買ったかにを、食べ過ぎるとどうなるか。

おいしそうな毛蟹がたくさん手に入り、全部ゆでて、彼女と二人で食べ尽くそうとしていると寒気のような、ぞくぞくが起こりました。

気にせず食べるのを止めなかったので身体が震えるようになり、それ以上食べられなくなりました。

あのときのかには本当においしかったのですが、後で知ったのですが、かには身体を冷やす作用があるそうです。

おいしく食べられる量を調理しましょう。

ワタリガニというかにがいるのではなく、ガザミやイシガニの呼び名です。

一般に出回っているかにの中では脚が発達していなくて貧弱に見えますが代わりに、味噌はとてもおいしく味噌ならワタリガニ、というファンが多いのです。

贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段でかに味噌好きが十分満足するには打ってつけのかにです。

一人で何匹も食べられる大きさで調理法も味付けもバリエーション豊かです。

名前からして美味しそうな花咲がにはどのようなかにかというと、根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリと考えてください。

実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いのでかにと全く同じ立場で全く問題はありません。

身の芳醇さと食べ応えで知られ、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、ブランドがにとして有名なかにの一種です。

皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、まずは「焼きがに」が絶品です。

今まで食べたことがなくても、挑戦してみる価値はあります。

おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。

表面が乾かないように、紙類で包んで、冷蔵庫で自然解凍しましょう。

理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。

半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。

焼くときは、水分が残るようにしてくださいね。

無理のない価格で美味しいかにを食べたい。

贅沢な望みと分かっていても、憧れますよね。

かにをたっぷり食べたくて我慢できない。

そんな時には通販で買えばいいというのが常識になりつつあるんですって。

通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、ス-パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、通販なら特筆物の鮮度のかにが食べられるのは大きな魅力ですね。

通販のかには品物が悪いといった昔の常識は優良業者に限ってはもう当てはまりません。

それから、びっくりするほど安く買えるのも大きな魅力で、スーパーのものより安い価格というのがほとんどで、大きな魅力となっています。

たまには変わったかにを販売してくれることもあるとか。

お知らせメールを受信設定にするのもいいでしょう。

どんな毛蟹を選んだらよいか、いくつか挙げてみましょう。

一番のポイントは水揚げされた時期です。

大きく成長し、身が詰まっているのは冬で活がにならベストのシーズンです。

次のポイントは、新鮮そうな色、大きさ、そして手にして重みがあるかです。

なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてください。

持ったときの感じで、身の詰まり方などよくわかるでしょう。

最後に、口コミなど評価の高いお店で買えば、はずれは少ないと考えられます。

吹く風が冷たく、冬を感じ始めるとなんとなく食べたくなるものってありますよね。

かにってそんな雰囲気をかもし出す食べ物だと思いませんか。

近年ではすっかり定着した習慣になり、嬉々として通販での注文をし、プリップリで食べごたえ満点のかにで溜まった疲れを吹き飛ばしています。

でも通信販売でかにを買うといっても、ちょっと探しただけでもたくさんあり過ぎてもしかしたら当たりはずれもあるかもしれないしと、悩みの種になります。

冷凍しているとはいえ、生鮮食品のかには、美味しくなかったとしても次と簡単に考えられるお値段でもありませんので、価格と品物がしっかり見合っていて欲しいのは当たり前のことです。

そんな時に大いに役立つのが、インターネットの口コミではないでしょうか。

たくさんの人がその会社や商品についての正直な感想を述べているのですから、良い買い物が出来るというわけです。

かには脚肉が代表的ですが、通の味は、何といっても味噌でしょう。

味噌でかにを選ぶとすれば、もっぱら毛蟹に尽きるようです。

特有のこってりした味噌こそがたまらないおいしさですよね。

もっとコンパクトサイズのかに味噌で十分というなら、ワタリガニを勧める方もいます。

毛蟹よりは小ぶりですが、十分な濃さの味噌です。

お買い得品の代名詞となることの多い「訳あり品」は、賢い主婦に大人気のものが数多くネットなどで出品されています。

中でもかに通販の訳あり品とは、いかにも怪しい感じがして買う気にならないのですが、どうして定価で販売できない商品になってしまったのか、購入者にとっては大問題ですよね。

基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、大抵、大きすぎたり、反対に小さすぎたりというもので、サイズなんてグラムで売れば関係ないんじゃないかとも思うのですが、そうとばかりも言えないようで。

天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。

食べるわけでもない甲羅にほんのちょっと傷があるものなんて、訳ありで買ったら申し訳ないくらいですね。

正規品にむやみにこだわる意味などないこともわかり、訳あり品だからって気にする方がおかしいくらいです。

友達にも教えてあげようと思います。